本文へスキップ

大阪府 枚方市 一般社団法人CREDO 訪問介護事業所 ヘルプケア・クレド

料金案内Price


2018年度版 《枚方市版 移動支援及び通学支援》





※最少1時間。以後15分単位で加算。
※利用者負担上限月額(18歳以上は本人所得/17歳以下は保護者の所得)
 生活保護、市民税非課税・・・0円   市民税課税・・・2,000円


枚方市の規定等について(2018年4月 時点)

1.対象者(高齢入所型施設入所者は除く)
・車イス利用者(難病患者等も対象)
手帳所持者でなくても特定医療費(指定難病)受給者証又は診断書の提出により利用申請可能)
・視覚障害者(障害者総合支援法上の施設入所者に限る)
・知的障害者(障害特性により発達障害も対象。
手帳所持者でなくても診断書の提出により利用申請可能)
・精神障害者(発達障害も対象。手帳所持者でなくても診断書等の提出により利用申請可能)

2.支給量
(1)18歳以上  50時間/月
単身者及び同居者が障害者又は要介護認定者、グループホーム入居者などは80時間

(2)18歳未満
小学1年生以上 25時間/月 ・ 中学生 30時間/月 ・ 高校生 35時間/月
※夏休み期間の取り扱いについては別途協議
※高等学校在籍者については、卒業式の翌日から18歳以上の取り扱いが可能となります。

3.利用の範囲
○余暇活動等への参加
○宿泊を伴う外出(国外は除く)
※事前に交通費や宿泊費等の費用負担について、また宿泊先での介護時間等について取り決
めておく必要があります。
○短期入所事業所への送迎
○日中一時支援事業及び放課後等デイサービスを利用する場合で放課後利用時は、学校から事業
所までの送りのみです(通学支援にてこの間のサービスを受けている方を除く)
○三季休業期間(登校日等は除く)における留守家庭児童会室への送迎(開放プール参加後の5・6年の留守家庭児童会室への送りを含む)
○地域活動支援センター
○通所施設(介護保険サービス事業所を除く)

×通院(定期、不定期を問わず)は利用不可
ただし、グループホーム入居者で通院承認者は除く。
×通学は利用不可
×通勤は利用不可
ただし、講演会等の講師依頼で謝礼が発生する場合で、以下のいずれにも該当しない場合は、利用可能です
1)月の収入が3万円を超えるもの(交通費等必要経費は除く)。
2)雇用関係にあるもの(パート・派遣も含む)。
3)自営業(自ら主催するイベント・講座等を含む)。

※その他、キャンセル料や片道送迎による交通費等は事業所により異なります。
市で定められた自己負担以外のその他費用≠フ負担が大きいとお悩みの方は、弊社に1度ご相談ください。



2018年度 障がい者総合支援法《 居宅介護 》


※下記は、地域区分別(※5級地)の単価です。
(5級地:枚方市・交野市・堺市・東大阪・茨木市・八尾市・松原市・摂津市・高石市)

■家事援助




■身体介護・通院介護



■加算項目
サービス提供時間帯により下表のとおり料金が加算されます(1円未満の端数四捨五入)。







2018年度 障がい者総合支援法《 重度訪問介護 》


※下記は、地域区分別(※5級地)の単価です。



■加算項目



※ 重度障がい者等包括支援の対象となる心身の状態にあれば、上記単価に100分の15、障がい程度区分6に該当されれば、100分8.5が加算されます。

※病院等に入院または入所中の障がいのある人に提供した場合で、90日以上利用の場合は、100分の20の減算があります。




2018年度 障がい者総合支援法《 同行援護 》


@旧単価
(前年度の支給決定が残っている場合は、その満了日まで下記にて算定) 〜2019.3月まで
※下記は、地域区分別(※5級地)の単価です。




A新単価
(2018年4月以降に新たに支給決定を受けた場合)




■加算項目
※サービス提供の時間帯により下表のとおり料金が加算されます。



※ 初回加算は、新規に同行援護計画を作成した利用者に対して、初回のサービス提供と同月内に、サービス提供責任者が、自らサービス提供を行う場合又は他のヘルパーがサービス提供を行う際に同行した場合に加算します。

※ 緊急時対応加算は、利用者やその家族等からの要請を受けて、サービス提供責任者が同行援護計画の変更を行い、ヘルパーが同行援護計画において計画的に訪問することとなっていないサービスを緊急に行った場合に加算します。




2018年度《介護保険・訪問介護》


※介護保険のサービスの利用料、利用者負担額(1割、または2割負担)を適用する場合)
※地域区分別(5級地)の単価を含んでいます。


※サービス提供時間数は、実際にサービス提供に要した時間ではなく、居宅サービス計画及び訪問介護計画に位置付けられた時間数(計画時間数)によるものとします。なお、計画時間数とサービス提供時間数が大幅に異なる場合は、利用者の同意を得て、居宅サービス計画の変更の援助を行うとともに訪問介護計画の見直しを行います。

※利用者の心身の状況等により、1人の訪問介護員によるサービス提供が困難であると認められる場合で、利用者の同意を得て2人の訪問介護員によるサービス提供を行ったときは、上記金額の2倍になります。

※サービス提供責任者に初任者研修修了者 (旧訪問介護員養成研修2級課程修了者)を配置する事業所は、上記金額の70/100となります。

※当事業所の所在する建物と同一の敷地内若しくは隣接する敷地内の建物若しくは当事業所と同一建物に居住する利用者又は当事業所における一月当たりの利用者が同一の建物に20人以上居住する建物に居住する利用者にサービス提供を行った場合は、上記金額の90/100となり、当事業所における一月当たりの利用者が同一敷地内建物等に50人以上居住する建物に居住する利用者に対して、サービス提供を行った場合は、上記金額の85/100となります。



■加算料金
以下の要件を満たす場合、上記の基本部分に以下の料金が加算されます。



※特定事業所加算は、サービスの質の高い事業所を積極的に評価する観点から、人材の質や確保や介護職員の活動環境の整備、重度要介護者への対応などを行っている事業所に認められる加算です。
※緊急時訪問介護加算は、利用者やその家族等からの要請を受けて、サービス提供責任者が介護支援専門員と連携を図り、介護支援専門員が必要と認めたときに、訪問介護員等が居宅サービス計画にない指定訪問介護(身体介護)を行った場合に加算します。

※初回加算は、新規に訪問介護計画を作成した利用者に対して、初回に実施した指定訪問介護と同月内に、サービス提供責任者が、自ら指定訪問介護を行う場合又は他の訪問介護員等が指定訪問介護を行う際に同行訪問した場合に加算します。

※生活機能向上連携加算は、利用者に対して指定訪問リハビリテーション事業所又は指定通所リハビリテーション事業所の理学療法士等が指定訪問リハビリテーション又は指定通所リハビリテーションの一環として当該利用者の居宅を訪問する際に、サービス提供責任者が同行する等により、当該理学療法等と利用者の身体の状況等の評価を共同して行い、かつ、生活機能の向上を目的とした訪問介護計画を作成した場合であって、当該理学療法士等と連携し、当該訪問介護計画に基づく指定訪問介護を行った場合に加算します。

※介護職員処遇改善加算は、介護職員の処遇を改善するために賃金改善や資質の向上等の取組みを行う事業所に認められる加算です。介護職員処遇改善加算は、区分支給限度基準額の対象外となります。



2018年版 《 介護保険・予防訪問事業【訪問型独自サービス】 》


※介護保険のサービスの利用料、利用者負担額(1割、または2割負担)を適用する場合)
※地域区分別(5級地)の単価を含んでいます。



※「週○回程度の利用が必要な場合」とあるのは、週当たりのサービス提供の頻度による区分を示すものですが、提供月により月間のサービス提供日数が異なる場合であっても、利用料及び利用者負担額は変動せず定額となります。

※利用者の体調不良や状態の改善等により個別計画に定めたサービス提供区分よりも利用が少なかった場合、又は個別計画に定めたサービス提供区分よりも多かった場合であっても、月の途中でのサービス提供区分の変更は行いません。なお、翌月のサービス提供区分については、利用者の新たな状態に応じた区分による個別計画を作成し、サービス提供を行うこととなります。
※月ごとの定額制となっているため、月途中から利用を開始したり、月の途中で終了した場合であっても、以下に該当する場合を除いては、原則として、日割り計算を行いません。
・月途中で要支援度が変更になった場合
・月途中に要介護から要支援に変更になった場合
・月途中に要支援から要介護に変更になった場合
・同一市町村内で事業所を変更した場合

※介護予防訪問サービス費(V)は、要支援2の利用者が週3回程度サービスを利用した場合に算定できます。

※サービス提供責任者に初任者研修修了者(旧訪問介護員養成研修2級課程修了者)を配置する予防訪問事業所は、上記金額の70/100となります。当事業所の所在する建物と同一の敷地内若しくは隣接する敷地内の建物(養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅に限る)若しくは当事業所と同一建物に居住する利用者又は当事業所における一月当たりの利用者が同一の建物に20人以上居住する建物の利用者にサービス提供を行った場合は、上記金額の90/100となります。



■加算料金






2018年 ≪ 枚方市ひとり親家庭等日常生活支援事業 ≫




■利用料金(負担額)






2018年 ≪ 枚方市多胎児育児支援事業 ≫




※ご利用には枚方市の支給決定が必要です。
※1日1回2時間、年間最大10回まで無料




2018年 ≪ 生活サポート支援事業 ≫




※自費サービスは事業所により異なります。
通院費用が高い≠ネどの費用負担でお悩みの方は、弊社に1度ご相談ください。







一般社団法人CREDO

〒573-1118
大阪府枚方市楠葉並木1-27-1
TEL 072-809-0051
FAX 072-809-0091
MAIL info@kaigo-credo.com




おもてなし認証2019取得